アルテッツァが値上がり中!FRスポーツセダン「アルテッツァ」の概要と中古車事情について解説

目次
1.アルテッツァとは 2.アルテッツァは高騰している? 3.アルテッツァはいつまで値上がりしそう? 4.価格が高くなりやすいアルテッツァの特徴

トヨタのFRスポーツセダン「アルテッツァ」がじわじわと値上がりしているようです。中古車平均価格の推移を見てみると、2019年2月には50万円台でしたが、2022年3月には90万円台と、3年で40万円ほど価格が上昇しています。今回は、アルテッツァがどのような車なのか、中古車事情がどのように変化しているのか解説します。アルテッツァの売却を検討している方は参考にしてみてください。

アルテッツァとは

トヨタ アルテッツァ(ALTEZZA)は、1998年10月~2005年7月まで販売されていたFRスポーツセダンで、「操り、走る」心地よさを堪能できる車として開発されました。

エクステリアは、ワイドな印象を強調する横長のヘッドライトやフロントグリルに加え、踏ん張り感を演出する台形をモチーフとしたフロントバンパーを採用しています。リアは、丸型4灯のテールランプを採用していることが特徴です。

エンジンは、最高出力160PSを発生する直列6気筒の「1G-FE型」と、最高出力210PSを発生する高性能な直列4気筒の「3S-GE型」の2種類がラインナップされています。グレードは、直列6気筒の1G-FE型を搭載し4速AT/6速MT(2000年5月~)が組み合わされる「AS200」と、高性能な直列4気筒3S-GE型を搭載し5速AT/6速MTを組み合わせた「RS200」の2つです。

また、スポーティな装備を充実させた「Zエディション」やラグジュアリー装備が備わる「Lエディション」なども用意しています。

エンジンは、フロントミッドシップに搭載されています。加えて、バッテリーや燃料タンクなどの重量物が車両の中心に寄せたパッケージを採用していることから、小気味良いハンドリングを実現しているのが特徴です。

デビュー当初のボディサイズは、全長4,400mm、全幅1,720mm、全高1,410mmでした。2001年5月のマイナーチェンジ以降は全幅が1,725mmとなっています。

アルテッツァは、2005年7月まで約7年にわたり販売され、1世代で販売終了となりましたが、アルテッツァで築き上げたFRミドルサイズセダンのアイデンティティは、レクサス ISに引き継がれています。

アルテッツァの買取専門ページはこちら

旧車王バナー旧車王バナー

アルテッツァは高騰している?

アルテッツァは、年々じわじわと値上がりしています。アルテッツァの価格推移は次のとおりです。

【アルテッツァの中古車平均価格の推移】
・2019年2月:54万4,000円
・2020年2月:53万6,000円
・2021年2月:73万5,000円
・2022年2月:95万4,000円

中古車平均価格の推移からもアルテッツァが値上がりしていることは明らかです。

一般的に車は、時間の経過とともに値段が下がっていく傾向にありますが、アルテッツァの場合は値上がりしていることから、価値が再評価されていると言えるでしょう。

アルテッツァの買取専門ページはこちら

アルテッツァはいつまで値上がりしそう?

アルテッツァの値上がりは、今後も続く可能性が高いでしょう。国産FRスポーツセダンは、年々バリエーションが少なくなっています。また、操る楽しさがあるMT車を採用する車種も減少していることから、アルテッツァの価値が中古車市場で再評価されていると言えます。これらの理由から、今後も値上がりが続く可能性が高いでしょう。

アルテッツァの買取専門ページはこちら

旧車王バナー旧車王バナー

価格が高くなりやすいアルテッツァの特徴

アルテッツァは、メンテナンスが行き届いることに加え、カスタマイズされていない車両が高く評価される傾向にあります。ここからは、評価が高くなるアルテッツァの特徴を解説します。

こまめにメンテナンスをしている

メンテナンスが行き届いていているアルテッツァは、価格が高くなりやすいです。ボディやホイールなどの外装、シートやインテリアパネルなどの内装、エンジンやトランスミッションなどのパワートレインといった各部の手入れがされていると、すぐに再販売できるため、売却額が高くなります。

改造車ではない

アルテッツァは、高出力エンジンを搭載するFRのスポーツセダンであることから、改造車としての人気が高いです。そのため、改造されていない車両が高く評価される傾向にあります。アルテッツァを高い価格で売却したいのであれば、改造する前に売却する方がよいでしょう。

XE10型

アルテッツァ(XE10型)は、メルセデス・ベンツ CクラスやBMW 3シリーズといったプレミアムブランドのライバルとして登場したミドルサイズのスポーツセダンです。そのため、スムーズなエンジン回転が特徴の直列6気筒の「AS200」、高性能な直列4気筒エンジン「RS200」のどちらも、良好なコンディションを維持しておくと高く評価される可能性が高いです。アルテッツァを高値で売却したいときは、不具合なく動かせる状態にしておくとよいでしょう。

旧車の買取なら「旧車王」におまかせ!

長い時間を共にした愛車だからこそ、売却先にもこだわりたいという方は多いのではないでしょうか。
旧車王は、旧車に特化して20年以上買取を続けております。旧車に関する実績と知識なら、どこに負けない自信があります。また、ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する「二重査定」も一切ございません。誠実にお客さまのクルマと向き合い、適正に査定いたします。
全国どこでも無料で出張査定にうかがいますので、大事な愛車の売却先にお悩みの方はぜひ「旧車王」にご相談ください。

よくある質問

アルテッツァの値上がりや中古車事情について、よくある質問をQ&Aでまとめました。売却を検討しているときの参考にしてみてください。

Q.アルテッツァは高騰しているの?

アルテッツァは、じわじわと値上がりしています。今後さらに値上がりする可能性があるでしょう。詳しくはこちらをご覧ください。

Q.アルテッツァってどんな車?

アルテッツァは、1998年10月~2005年7月まで販売されていた国産FRスポーツセダンです。高性能エンジンを搭載しているグレードも用意していることから改造車のベース車両として人気があります。詳しくはこちらをご覧ください。

Q.アルテッツァはどんな状態だと価格が高くなりやすいの?

アルテッツァはメンテナンスがされていて、改造されていない車両が高い価格になりやすいです。詳しくはこちらをご覧ください。

画像1 画像2
画像ギャラリー(全2枚)を見る

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取No.1の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して22年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

関連する記事

スポーツカーの絶版モデルは人気が高い!絶版スポーツカーの魅力や人気モデル8車種を紹介

スポーツカーの絶版モデルは人気が高い!絶版スポーツカーの魅力や人気モデル8車種を紹介

旧車市場動向 2022-06-01
絶版車の人気が上昇中!? その理由と魅力を解説します。

絶版車の人気が上昇中!? その理由と魅力を解説します。

旧車市場動向 2022-05-27
アルファロメオの伝統のエンジンV6ブッソを徹底解説!名機を載せた名車147GTAと156GTAも紹介

アルファロメオの伝統のエンジンV6ブッソを徹底解説!名機を載せた名車147GTAと156GTAも紹介

旧車の魅力 2022-11-25
クルマには「それぞれの時代が反映された魅力と楽しさがある」と思う

クルマには「それぞれの時代が反映された魅力と楽しさがある」と思う

ライフスタイル 2022-11-21
突如やってきた押しかけ女房「デカレディ」!快適装備の実用旧車ライフ

突如やってきた押しかけ女房「デカレディ」!快適装備の実用旧車ライフ

ライター愛車レポート 2022-11-21
初めて工具を手にした旧車オーナー必読!次に揃えるべきモノとは?

初めて工具を手にした旧車オーナー必読!次に揃えるべきモノとは?

ライフスタイル 2022-11-21
解雇された人の苦悩や不安は解雇された人にしか分からないという話

解雇された人の苦悩や不安は解雇された人にしか分からないという話

エディターズノート 2022-11-20
S204 STIバージョンはなぜ高価買取が可能なのか?!突出した人気の理由に迫る

S204 STIバージョンはなぜ高価買取が可能なのか?!突出した人気の理由に迫る

旧車売買の豆知識 2022-11-18

記事ランキング

1
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2022-02-16
2
車購入時に気をつけたい「車庫飛ばし」 故意に行われるケース、過失によるケースも解説

車購入時に気をつけたい「車庫飛ばし」 故意に行われるケース、過失によるケースも解説

旧車売買の豆知識 2022-08-17
3
車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

旧車売買の豆知識 2022-08-24
4
トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

旧車の魅力 2022-01-17
5
てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

旧車コラム 2022-01-31
6
運転免許が期限切れでも返納はできる?免許返納のメリットについても解説

運転免許が期限切れでも返納はできる?免許返納のメリットについても解説

旧車コラム 2022-01-31
7
日本車は海外で人気が高い!でも個人で自動車を輸出するのは大変?

日本車は海外で人気が高い!でも個人で自動車を輸出するのは大変?

旧車売買の豆知識 2022-02-10
8
免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

旧車コラム 2022-01-31

カテゴリ一覧

# 旧車ニュース # 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー