21歳大学生、アルファ ロメオ・145を増車して思ったこと

目次
1.■予想だにしない選択・アルファ ロメオ 2.■侮るなかれ、ぴりりと辛いドライブフィール 3.■同じようなクルマでも、やっぱり全然違うから面白い 4.■2台あるともっと楽しい、等身大のクルマ遊び

私(ライター・林)、この夏に新たなクルマをお迎えしました。

2001年式の「アルファ ロメオ 145」というクルマです。

右ハンドルの正規輸入車、色はシルバー。

すでに所有している2002年式のアウディ 初代TTは据え置きで、いわゆる“増車”というヤツです。

ご縁があって我が家にやってきたイタリアっ子、なかなか小粋で良いクルマ。

これから色々な場所に連れて行って、ドライブを楽しみたい素敵な一台。

…ということで、今日はそんな新たな仲間、アルファ ロメオ 145をご紹介したいと思います。

■予想だにしない選択・アルファ ロメオ

アルファ ロメオのクルマ、以前の私にとっては何だか縁遠く感じるものでした。

アルファ ロメオといえば妖艶で熱血派、そんなイメージがあったのです。

私にとって、クルマとは等身大で向き合うべき道具。

アルファロメオは私の生活には釣り合わない、明らかにトゥーマッチな、エネルギッシュな嗜好品だと考えていました。

ところが知人から「アルファ145興味ある?」という連絡が届いたとき、なんだか私でも扱いきれる気がしたのです。

写真にうつるアルファ ロメオは、さして特徴のないシルバーの塗色で、凹凸に欠ける四角いフォルムをしていました。

妖艶とはほど遠く、むしろ寡黙、悪く言うなれば地味な印象。

「これなら私でも普段使いできるかも」と思えたのです。

ヘッドライトはガラス製で曇らないし、リアウィンドウはかわいらしいポップアップ式の開閉機構付き。

そしてリアシートはダブルフォールディング(座面跳ね上げ式)で、フルフラットになる優れモノ。

ボクシーかつ低く構えた華美過ぎないデザインは、世界的に名を馳せるデザイナー、クリス・バングルによるもの。

魅力的に映らないはずがありません。

旧車王バナー旧車王バナー

■侮るなかれ、ぴりりと辛いドライブフィール

私のアルファ145に搭載されるパワーユニットは、直列4気筒DOHC16バルブ・排気量2Lの自然吸気エンジン。

一気筒あたり2本の点火プラグを有する、ツインスパークと呼ばれるエンジンです。

肝心のスロットルはワイヤー式で、アクセル開度に応じて自在にエンジンのスロットルを制御できる点が非常にグッド。

変速機は5速マニュアルです。

現車確認の舞台は都内某所。

交通量の多い幹線道路に出てアクセルを踏み込むと、実に気分よく加速していくのです。

大排気量エンジンの緻密さこそ持ち合わせていないものの、「クォーン」といった音がします。

吹けあがりも豪快で、ビュンビュン回るエンジンには驚きました。

2Lエンジンでも、こんなにも豊かなフィーリングを得られるものなのか…!

車線変更をしてみると、予想よりもクイックなハンドリングに思わずニンマリ。

アルファ ロメオのステアリングは、イタリアの峠道を愉しめるよう、鋭いハンドリングに仕立てられていると以前に聞いたことがありました。

少しハンドルを切っただけで、鼻先が軽く動く楽しさといったら!

いつもなら苦痛な都内の幹線道路が、なんと楽しい事でしょう。

■同じようなクルマでも、やっぱり全然違うから面白い

そんなこんなで、現車確認中に「買います!」と宣言してしまったので、すで所有しているアウディ 初代TTとアルファ ロメオ 145の2台持ちをすることになりました。

初代TTとアルファ145は、全長・全幅・全高のスリーサイズはほぼ一緒。

変速機はどちらも5速マニュアルで、駆動方式がFFである点も共通しています。

ついでに年式もほぼ同じです。

「いやいや、その2台はキャラ被りじゃん」と思ったアナタには、ぜひ2台を乗り比べていただきたい。

私が所有する2台、スペックこそ近似しているけれど、全く異なった設計思想を感じるのです。

ドイツ的「特別なクルマ」である初代TTと、イタリア的「普通のクルマ」であるアルファ145。

2台乗り比べてみると、驚くほど異なっていて面白いのです。

まず、運転席から見える景色が全然違います。

初代TTが目指したものは、パーソナルなスポーツカー。

窓の天地は意図的に狭められていて、閉塞感を感じます。

運転していて、特別感があるのが嬉しいポイント。

対して、アルファ145の窓はかなり大きめ。

乗員が広々と感じられるように、ウィンドウデザインが工夫されている点が特徴的です。

全体のデザインを見比べてみると、明らかなる設計意図の違いを感じることができるでしょう。

アルファ145のデザインはスクエアで、室内空間を極力無駄にしないよう努力した痕跡が、あちこちに見られます。

対して初代TTは、曲線を多用してキャビンを大きく絞り込んでいるから、室内空間は非常にタイト。

デザインが最優先であったことを感じさせます。

初代TTの魅力は、直進安定性が高い(比較的応答性が鈍い)ハンドリングに、中間加速が気持ち良いターボエンジン。

休日にアウトバーンを駆け抜けることに適しているのかもしれません。

やっぱり、少し特別なクルマです。

対してアルファ145は、普段使いがより楽しくなるクルマ。

ストップアンドゴーが多い街中を駆け回るのが楽しい、愉快なクルマなのです。

旧車王バナー旧車王バナー

■2台あるともっと楽しい、等身大のクルマ遊び

アルファ145と初代TT、どちらも捨てがたい魅力を有しています。

どちらも20年落ちの安価な輸入中古車、傍から見れば「壊れそうなオンボロばっかり集めて…」といった感じかもしれません。

けれども、この2台だったら、私は胸を張って乗り回せる気がするのです。

アルファ145と初代TTの2台は、私の「クルマ観」の体現に他なりません。

あっそうそう、そういえば、アルファ145は既にエンジンオイル漏れとフューエルリークで1回入庫させています。

コツコツと手を入れていって、少しずつクルマのことを理解して、懸念なく連れ出せるように仕上げることが当座の目標です。

ときどき、記事を通じてアルファ145のお話をすることもあるかと思います。

今後とも、お付き合いくださいね。

[ライター・画像 / 林哲也]

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10
画像ギャラリー(全13枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して24年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

ニュージーランド・インタビュー「2Degrees」~アルファ ロメオに出会ってしまった整備士~

ニュージーランド・インタビュー「2Degrees」~アルファ ロメオに出会ってしまった整備士~

オーナーインタビュー 2023-10-02
アルファロメオの伝統のエンジンV6ブッソを徹底解説!名機を載せた名車156GTAと147GTAも紹介

アルファロメオの伝統のエンジンV6ブッソを徹底解説!名機を載せた名車156GTAと147GTAも紹介

旧車の魅力 2023-05-24
トヨタ AE86は単なるドリフト車ではない?! クルマとしての高い実力を再評価

トヨタ AE86は単なるドリフト車ではない?! クルマとしての高い実力を再評価

旧車の魅力 2024-06-13
プラド150系のリセールは崩壊している?高いまま?最新の相場を買取専門店が解説

プラド150系のリセールは崩壊している?高いまま?最新の相場を買取専門店が解説

旧車市場動向 2024-06-13
ハイエースのリセールバリューはなぜ高い?人気のグレードや売却時のポイントも解説

ハイエースのリセールバリューはなぜ高い?人気のグレードや売却時のポイントも解説

旧車市場動向 2024-06-13
フェアレディZ Z32を維持するのは意外と簡単!?シミュレーション結果を大公開

フェアレディZ Z32を維持するのは意外と簡単!?シミュレーション結果を大公開

旧車売買の豆知識 2024-06-10
セレナの維持費は年間でどれくらい?高いと思ったときの対処法も紹介

セレナの維持費は年間でどれくらい?高いと思ったときの対処法も紹介

旧車売買の豆知識 2024-06-10
プリウスの年間維持費は安い?高いと思ったときの対処法も紹介

プリウスの年間維持費は安い?高いと思ったときの対処法も紹介

旧車売買の豆知識 2024-06-10

記事ランキング

1
20代のクルマ好きから「初代ロードスター乗りたいんです」と聞かれてマジレスした話

20代のクルマ好きから「初代ロードスター乗りたいんです」と聞かれてマジレスした話

ライフスタイル 2024-05-30
2
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
3
車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

旧車売買の豆知識 2024-02-02
4
MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

旧車売買の豆知識 2024-04-19
5
車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

旧車売買の豆知識 2024-03-04
6
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
7
トヨタ 2000GTとは?値段・価格動向や歴史について解説

トヨタ 2000GTとは?値段・価格動向や歴史について解説

旧車売買の豆知識 2024-01-25
8
あぶない刑事に登場した車8選!それぞれの特徴も解説

あぶない刑事に登場した車8選!それぞれの特徴も解説

旧車売買の豆知識 2023-03-07

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ