パジェロが高騰している? その魅力と理由を徹底解説!

目次
1.パジェロとは 2.パジェロは高騰している? 3.パジェロはいつまで値上がりしそう? 4.価格が高くなりやすいパジェロの特徴

パジェロは1982年に登場した三菱自動車を代表するSUVです。2019年8月に生産終了となった4代目まで数多くのバリエーションが発売されました。今回はパジェロがどのような車であったのか、現在の買取相場や今後の高騰する見通しについて車の魅力と共に解説します。パジェロを所有している方や、購入を検討されている方はぜひ参考にしてください。

パジェロとは

アルゼンチンの南部に生息する野生の猫の名前を冠したオールラウンドSUVです。
初代の発売は1982年に乗用車としても使えるオフロード車として発売されました。
ジープの様な荷台はなく、多目的な使用を前提とした車でした。
パジェロはパリダカールラリーに度々出場し、総合優勝を飾るなどスポーツ車としてもその名を轟かせました。

初代と2代目のシャーシはラダーフレームでしたが3代目からはモノコックボディにラダーフレームを溶接したビルトインフレームと呼ばれるフレームを採用しました。乗車したときの居住性を良くすると共に、悪路での走破性を重視したサスペンションや動力伝達装置を取り付けられる構造です。

パジェロは高騰している?

パジェロの中古車価格はゆっくりと高騰しています。昨年の平均価格は約217万円でしたが、2022年4月においては約262万円と高騰しています。一年間で45万円も上昇しています。特に走行距離が少ない車両は共通して高値となっています。

パジェロはいつまで値上がりしそう?

パジェロの値上がりは名言できませんが、今後も高騰し続けると予想されています。
パジェロの流通台数が減りつつあり、そのため希少性が上がったことが値上がりの要因ではないでしょうか。

価格が高くなりやすいパジェロの特徴

次に価格が高くなりやすいパジェロの特徴をご紹介します。

こまめにメンテナンスしている

パジェロを含むSUVはオフローダーとしての使用環境が通常の乗用車より厳しいため、きちんとしたメンテナンスが必要です。オイル関連ではエンジンオイルだけではなくオートマティックオイル、トランスファーオイル、デフオイルなどもメーカーが推奨する定期交換を行う必要があります。

また、パワーステアリングや発電機を回す補器ベルトも、外見では劣化が見えにくいので定期交換するべきでしょう。ショックアブソーバーも悪路では酷使されるため非常に傷みやすい部品です。
また大型タイヤを装着しているのでステアリング・システムにも大きな負荷がかかりやすいため、年に一度は足回りの点検をおすすめします。

流通数が極めて少ない「特別仕様車のファイナルバージョン」

2019年4月に700台限定の「ファイナルエディション」を発表しました。本革シート、電動ロングサンルーフ、カーテンエアバッグ、ルーフレール、リヤデフロック、寒冷地仕様などを標準装備したモデルです。新車本体価格は453万円でしたが、2022年4月現在は本体価格が約570万円で取引されている車両もあります。

パワフルなエンジンと迫力のある外観の「パジェロエボリューション」

1997年9月に登場しました。パリダカール用ベース車として二代目パジェロのショートボディに前後ダブルウィッシュボーンを採用したスポーツモデルです。2500台限定の生産でした。バンパー、大型フェンダー、サイドステップ一体型のボディはタフさとマッシブな印象を与えます。内装はレカロシート、スポークタイプステアリングホイール、カーボン調インパネ、フルオートエアコン、キーレスエントリーシステムを装備しています。
パジェロエボリューションは非常に希少で、中古車市場では1台のみ応談で販売されています(2022年4月時点)。

よくある質問

Q.パジェロってどんな車?

1982年に三菱自動車から発売されたSUVです。 詳しくはこちらを参照してください。

Q.パジェロは高騰しているの?

パジェロは高騰しています。特にファイナルエディションはとても貴重です。 詳しくはこちらを参照してください。

Q.パジェロはどんな状態だと価格が高くなりやすいの?

定期交換部品がきちんと交換されている場合や足回りのメンテナンスが定期的に行われている車は価格が高くなりやすいでしょう。 詳しくはこちらを参照してください。

画像1 画像2 画像3
画像ギャラリー(全3枚)を見る

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取No.1の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して22年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

関連する記事

マツダ ロードスターは高騰している?今後の予測も解説

マツダ ロードスターは高騰している?今後の予測も解説

旧車市場動向 2022-05-23
ロードスターは古いほど高い?!マツダ ロードスターの中古車事情や高騰しているモデルについて解説

ロードスターは古いほど高い?!マツダ ロードスターの中古車事情や高騰しているモデルについて解説

旧車市場動向 2022-05-19
スープラは高騰している?いつまで値上がりするかも解説

スープラは高騰している?いつまで値上がりするかも解説

旧車市場動向 2022-05-19
フェアレディZは高騰している?今後の予測も解説

フェアレディZは高騰している?今後の予測も解説

旧車市場動向 2022-05-19
レパードが高騰している? その魅力と特徴を徹底解説!

レパードが高騰している? その魅力と特徴を徹底解説!

旧車市場動向 2022-05-18
マニュアルは高騰している?高く売るためのポイントも解説

マニュアルは高騰している?高く売るためのポイントも解説

旧車市場動向 2022-05-18
ランドクルーザー200が高騰している? その理由と魅力を解説します。

ランドクルーザー200が高騰している? その理由と魅力を解説します。

旧車市場動向 2022-05-18
値段が下がりにくいSUV!ハイラックスサーフの概要と中古車事情について解説

値段が下がりにくいSUV!ハイラックスサーフの概要と中古車事情について解説

旧車市場動向 2022-04-28

記事ランキング

1
JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

旧車売買の豆知識 2022-02-16
2
これぞ名機!根強い人気を保つ日産「L型」エンジンの魅力に迫る

これぞ名機!根強い人気を保つ日産「L型」エンジンの魅力に迫る

旧車の魅力 2022-02-09
3
JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

旧車売買の豆知識 2022-02-16
4
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2022-02-16
5
トヨタ MR2の維持費はいくら?国産初のミッドシップスポーツに今乗りたい!

トヨタ MR2の維持費はいくら?国産初のミッドシップスポーツに今乗りたい!

旧車メンテナンス 2022-02-10
6
4ドアになってもFF最強!FD2型シビックタイプRの中古車事情とは?

4ドアになってもFF最強!FD2型シビックタイプRの中古車事情とは?

旧車市場動向 2022-02-16
7
免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

旧車コラム 2022-01-31
8
オークションでは1億円越えで落札!国内最高峰のスーパースポーツカー、レクサス LFAとは?

オークションでは1億円越えで落札!国内最高峰のスーパースポーツカー、レクサス LFAとは?

旧車の魅力 2022-02-10

カテゴリ一覧

# 旧車ニュース # 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール