自動車税は分割払いできるの?分割納付する方法を詳しく解説

目次
1.自動車税は分割納付ができる 2.クレジットカードやローンを活用する方法もある 3.自動車税を滞納するリスク

自動車税の名称は、2019年10月1日から自動車税(種別割)と軽自動車(税種別)に変更されました(以下、「自動車税」と表記)。

自動車税は、毎年4月1日の時点で自動車を保有している人に課せられる税金です。毎年5月になると、道府県民税や都民税などを管轄する財務事務所から納税通知書が届き、原則的に一括で納付します。

一度に多額の自動車税を支払うことに負担を感じ、分割払いはできないか気になっている方は多いのではないでしょうか。

本記事では、自動税を分割納付する方法について解説します。

自動車税は分割納付ができる

自動車税は、一定の条件を満たすことで分割納付が認められます。

自動車税は地方税の一つであり、地方税法で定められています。地方税法の第八節に「納税の猶予」が定められており「第十五条に徴収猶予の要件等」として、地方団体の長が徴収の猶予ができる条件を定めています。

一 納税者又は特別徴収義務者がその財産につき、震災、風水害、火災その他の災害を受け、又は盗難にかかつたとき。
二 納税者若しくは特別徴収義務者又はこれらの者と生計を一にする親族が病気にかかり、又は負傷したとき。
三 納税者又は特別徴収義務者がその事業を廃止し、又は休止したとき。
四 納税者又は特別徴収義務者がその事業につき著しい損失を受けたとき。
五 前各号のいずれかに該当する事実に類する事実があつたとき。

引用: e-GOV法令検索「地方税法(昭和二十五年法律第二百二十六号)第八節 納税の猶予」

以上に該当する場合に、申請に基づいて一年を限度に徴収を猶予できるとされています。自己判断せずに、納付先の財務事務所へ相談することが必要です。

旧車王バナー旧車王バナー

クレジットカードやローンを活用する方法もある

前述のとおり自動車税は地方税であり、居住する地域を管轄する財務事務所などに納付します。納付方法は各財務事務所や税事務所等で指定されており、クレジットカードが使えるところもあるので確認してください。クレジットカードであれば一括払いだけでなく、分割払い、リボ払いが選択できることもあります。

クレジットカード払い以外の方法としては、カードローンやフリーローンを利用することで、事実上分割払いにできます。

自動車税を滞納するリスク

自動車税の滞納には、4つのリスクがあります。自動車税の一括納付が難しい場合は、納付先の機関へ速やかに相談しましょう。

車の売却ができなくなる

自動車税を滞納していると、車を売却できません。前述のとおり、自動車税は自動車を所有していることに対する税金であり、納付されていなければ売却はもちろん、所有もできないということになります。

自動車を売却する際に必要となる書類の一つに、自動車納税証明書がありますが、これは売却しようとしている車に対して、自動車税が支払われていることを証明するために必要です。

車検に通せなくなる

自動車税を滞納すると、車検に通らなくなります。理由は売却の場合と同様に、車検の際に自動車税が納められているか確認されるためです。

なお、平成27年4月以前は車検時に自動車税納税証明書が必要でしたが、現在は省略できます。納税については運輸支局・自動車検査登録事務所が、電子的に確認を行っています。

ただし、車検を第三者に依頼する場合には、納税証明書の提示が求められるかもしれません。また、軽自動車やバイクについては、納税証明書の提示が必要です。

延滞金が発生する

自動車税に限らず地方税を延滞すると、延滞金が発生します。延滞金は地方税法第56条第2項等に基づいて定められており、滞納した税額や期間によって金額が異なります。

延滞金の利率は、納期限の翌日から1ヶ月を経過する日までは年7.3%、納期限から1ヶ月を経過した日から納税の日までは年14.6%です(2022年10月時点)。

財産が差し押さえられる

延滞金を支払わない場合、最終的に財産が差し押さえられる可能性があります。

旧車の買取なら「旧車王」におまかせ!

長い時間を共にした愛車だからこそ、売却先にもこだわりたいという方は多いのではないでしょうか。
旧車王は、旧車に特化して20年以上買取を続けております。旧車に関する実績と知識なら、どこに負けない自信があります。また、ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する「二重査定」も一切ございません。誠実にお客さまのクルマと向き合い、適正に査定いたします。
全国どこでも無料で出張査定にうかがいますので、大事な愛車の売却先にお悩みの方はぜひ「旧車王」にご相談ください。

よくある質問

ここでは自動車税の分割払いについて、よくある質問にお答えします。

Q.自動車税はどんなときに分割払いができるの?

自動車税は、納付が難しい状況であることを納付先機関である財務事務所や税事務所に認めてもらえれば、分割払いにすることができます。詳しくはこちらをご覧ください。

Q.自動車税の分割払いを断られたらどうすればいい?

自動車税の分割払いが認められなかった場合には、支払い手段によって実質的に分割払いにすることができます。詳しくはこちらをご覧ください。

Q.自動車税を滞納するとどうなるの?

自動車税に限らず地方税を滞納すると、滞納金が発生します。滞納金は滞納した金額と期間によって変わり、滞納期間が長いほど高額になっていきます。詳しくはこちらをご覧ください。

画像1 画像2
画像ギャラリー(全2枚)を見る

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取No.1の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して22年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

関連する記事

トヨタ MR-Sの価格高騰はもう終わり!?MR-Sの概要と中古車事情を解説

トヨタ MR-Sの価格高騰はもう終わり!?MR-Sの概要と中古車事情を解説

旧車市場動向 2023-02-03
トヨタ3代目セルシオ(30系)の維持費は高い?内訳といくらかかるかを解説

トヨタ3代目セルシオ(30系)の維持費は高い?内訳といくらかかるかを解説

旧車売買の豆知識 2023-02-03
トヨタ ランドクルーザー(70系)は故障が多い!?修理費はいくらかかるかを解説

トヨタ ランドクルーザー(70系)は故障が多い!?修理費はいくらかかるかを解説

旧車メンテナンス 2023-02-02
トヨタ FJクルーザーの価格高騰はもう終わり!?FJクルーザーの概要と中古車事情を解説

トヨタ FJクルーザーの価格高騰はもう終わり!?FJクルーザーの概要と中古車事情を解説

旧車市場動向 2023-02-01
車の遺品整理はどうしたらいい?相続手続き・売却について徹底解説

車の遺品整理はどうしたらいい?相続手続き・売却について徹底解説

旧車売買の豆知識 2023-02-01
日本が誇るスズキ ジムニー、自動車大国ドイツにおける評価は?

日本が誇るスズキ ジムニー、自動車大国ドイツにおける評価は?

ドイツ現地レポ 2023-01-31
00年代軽自動車の魅力を語らせてほしい vol.1:Fun to Drive編

00年代軽自動車の魅力を語らせてほしい vol.1:Fun to Drive編

ライフスタイル 2023-01-31
ランクル100系のリセールバリューの相場は?高く売却する方法についても詳しく解説

ランクル100系のリセールバリューの相場は?高く売却する方法についても詳しく解説

旧車売買の豆知識 2023-01-31

記事ランキング

1
旧車バブルは崩壊が始まった!?中古車の価格高騰が終わりを迎える理由とは

旧車バブルは崩壊が始まった!?中古車の価格高騰が終わりを迎える理由とは

旧車市場動向 2023-01-24
2
走行距離課税とは?現時点でわかっていることやメリット・デメリットを解説

走行距離課税とは?現時点でわかっていることやメリット・デメリットを解説

旧車売買の豆知識 2022-11-28
3
買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

旧車の魅力 2022-08-30
4
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2022-02-16
5
車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

旧車売買の豆知識 2022-08-24
6
車を親名義にしておくメリットやデメリットとは?売却手続きや名義変更についても紹介

車を親名義にしておくメリットやデメリットとは?売却手続きや名義変更についても紹介

旧車売買の豆知識 2022-09-29
7
オークションでは1億円越えで落札!国内最高峰のスーパースポーツカー、レクサス LFAとは?

オークションでは1億円越えで落札!国内最高峰のスーパースポーツカー、レクサス LFAとは?

旧車の魅力 2022-02-10
8
車購入時に気をつけたい「車庫飛ばし」 故意に行われるケース、過失によるケースも解説

車購入時に気をつけたい「車庫飛ばし」 故意に行われるケース、過失によるケースも解説

旧車売買の豆知識 2022-08-17

カテゴリ一覧

# 旧車ニュース # 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝