値段が下がりにくいSUV!ハイラックスサーフの概要と中古車事情について解説

目次
1.ハイラックスサーフとは 2.ハイラックスサーフは高騰している? 3.ハイラックスサーフはいつまで値上がりしそう? 4.価格が高くなりやすいハイラックスサーフの特徴

トヨタ ハイラックスサーフは、1984年〜2009年まで4世代にわたり販売されたSUVで、海外では「4Runner(4ランナー)」として売られています。そんなハイラックスサーフは、中古車市場で値下がりしにくく、車両の状態がよいものは新車販売価格以上の値段になることもあります。今回は、ハイラックスサーフのモデル概要、中古車市場の動向や高くなりやすい車両の特徴について解説します。売却時期を検討している方は参考にしてみてください。

ハイラックスサーフとは

ハイラックスサーフとは、ピックアップトラックのハイラックスをベース(2002年〜2009年の4代目はランドクルーザープラド)にしたSUVで、1984年〜2009年まで4世代にわたり販売されました。

初代(1984年〜1989年)は、ピックアップトラックのハイラックスの荷台部分にFRP製のキャノピーを載せたモデルです。1984年に4ナンバーのバンが登場し、1986年に5ナンバーのワゴンがデビューしました。

2代目(1989年〜1995年)は、ピックアップトラックのハイラックスをベースにしていることは変わらないものの、スチール製のワゴンになり、乗用車らしいスタイリングと室内空間となっています。

3代目(1995年〜2002年)は、ホイールベースとトレッドを拡大して、走行安定性や乗り心地を向上。また、5ナンバーサイズの標準ボディとオーバーフェンダーを装着したワイドボディの2種類を用意しました。

4代目(2002年〜2009年)は、ランドクルーザープラドと共通のコンポーネンツを使い、ボディサイズや室内空間を若干拡大しています。ベースとなる車両は変わったものの、デザインに台形のフロントグリルや根本の幅が広いCピラーなどを取り入れているため、ハイラックスサーフらしいスタイリングです。

日本では、1986年〜2009年までの4世代でハイラックスサーフの販売が終了となりましたが、海外では「4Runner」として現在も継続して販売されています。

ハイラックスサーフは高騰している?

ハイラックスサーフの中古車は、高騰してると言えるでしょう。

ハイラックスサーフの中古車価格の動きを見てみると、値段が下がりにくい傾向があります。

ハイラックスサーフは、初代から3代目までピックアップトラックのハイラックスをベースにし、4代目で悪路走破性に優れた本格SUVのランドクルーザープラドと共通のコンポーネンツを使用しているため、耐久性が高いモデルです。

そのため、売却するときに走行距離が長く、修復歴があったとしても数十万円の価格がつくことがあります。また、走行距離が短く、外装や内装がきれいな状態に保たれ、エンジンや足まわりなど機械系のメンテナンスが行き届いていると、当時の新車販売価格以上の値段になることも珍しくありません。

ハイラックスサーフは、耐久性に優れたモデルをベースにしたSUVであるため、そもそも高値で買取りされ、値下がりしにくい車種であることから、時間が経過しても高い中古車価格を維持し続けているのです。

ハイラックスサーフはいつまで値上がりしそう?

ハイラックスサーフは、時間が経過しても値段が下がりにくく、海外でも販売されているモデル(海外名:4Runner)であるため、今後も値上がりが長く続くでしょう。

耐久性が高いピックアップトラックや悪路走破性能に優れるSUVをベースにしているハイラックスサーフは、日本のみならず海外でも需要があるモデルです。そのため、年式が古くても、走行距離が伸びていても、修復歴があっても、売却するときに値段がつきます。

価格が高くなりやすいハイラックスサーフの特徴

売却するときに価格が高くなりやすいハイラックスサーフは、メンテナンスが行き届いている車両です。また、希少価値が高い初代やカスタマイズされていない車両も高い価格になる傾向にあります。ここからは、価格が高くなりやすいハイラックスサーフの特徴について解説します。

こまめにメンテナンスをしている

こまめにメンテナンスされ、外装や内装がきれいな状態で、いつでも不具合なく動かせるコンディションのハイラックスサーフは、高い価格で売却できるでしょう。

ハイラックスサーフは、最低地上高が高いSUVであるため、アウトドア用品を載せて、未舗装路を走り抜けて休日のレジャーを楽しめるモデルです。砂利道やぬかるんだ道を走行したり、アウトドアで使う道具を載せたりすると、外装や内装に汚れが付着します。高い価格で売却するためには、これらの汚れが染み付かないうちに落とし、きれいな状態を維持しておくことが大切です。

また、エンジンやトランスミッション、サスペンションなど足まわりといった機械系のメンテナンスがされていると高く評価され、買取価格が高くなりやすいです。

売却時に高い評価をされるためにも、定期的に外装・内装・機械系のメンテナンスをしておきましょう。

流通数が極めて少ない「初代ハイラックスサーフ」

ピックアップトラックのハイラックスをベースにFRP製のキャノピーを載せた初代ハイラックスサーフは、流通台数が少なく、希少価値が高いことから、買取価格が高くなりやすいでしょう。

FRPは、メンテナンスを怠ると短期間で劣化します。そのため、FRP部分まできれいな状態を維持している初代ハイラックスサーフは、買取価格がさらに高くなる可能性があるでしょう。

初代ハイラックスサーフを高値で売りたいのであれば、価格が高騰している今が売り時かもしれません。まずは査定に出してみましょう。

ノーマルの「4代目ハイラックスサーフ」

2002年〜2009年まで販売され、日本市場における最後の世代となった4代目ハイラックスサーフは、買取価格が高くなりやすいです。

4代目は、リフトアップやインチアップなどのカスタマイズされている車両だけではなく、ノーマルの車両も高く評価されます。
4代目ハイラックスサーフを所有していて、次の車に乗り換えようかと検討しているのであれば、市場での価値が高まっている今のうちに売却するとよいかもしれません。

よくある質問

ハイラックスサーフのモデル概要や中古車市場について、Q&Aでまとめました。売却するときの参考にしてみてください。

Q.ハイラックスサーフってどんな車?

トヨタ ハイラックスサーフは、1984年〜2009年まで4世代にわたり販売されていたSUVです。初代〜3代目まではピックアップトラックのハイラックスを、4代目はランドクルーザープラドをベースにしているため、国内外問わず人気が高いモデルとなっています。詳しくはこちらをご覧ください。

ハイラックスサーフは高騰しているの?

ハイラックスサーフは、高騰してると言えるでしょう。ハイラックスサーフの中古車は、時間が経過しても価格が下がりにくいことから、実質的に値上がりしている車種となっています。詳しくはこちらをご覧ください。

Q.ハイラックスサーフはどんな状態だと価格が高くなりやすいの?

ハイラックスサーフは、外装や内装、エンジンや足まわりなど機械系のメンテナンスが行き届いていると高い価格になりやすいです。また、希少価値が高いモデルやノーマル状態の車両も価格が高くなりやすい傾向にあります。詳しくはこちらをご覧ください。

画像1 画像2
画像ギャラリー(全2枚)を見る

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取No.1の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して22年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

関連する記事

パジェロのリセールバリュー 高く売る方法についても解説

パジェロのリセールバリュー 高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-06-30
シーマのリセールバリューは?高く売る方法についても解説

シーマのリセールバリューは?高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-06-30
パブリカのリセールバリューは?歴史や高く売る方法を解説

パブリカのリセールバリューは?歴史や高く売る方法を解説

旧車市場動向 2022-06-29
ハイエースワゴンのリセールバリューは?人気の理由や高く売る方法も解説

ハイエースワゴンのリセールバリューは?人気の理由や高く売る方法も解説

旧車市場動向 2022-06-28
アルテッツァが値上がり中!FRスポーツセダン「アルテッツァ」の概要と中古車事情について解説

アルテッツァが値上がり中!FRスポーツセダン「アルテッツァ」の概要と中古車事情について解説

旧車市場動向 2022-06-06
スポーツカーの絶版モデルは人気が高い!絶版スポーツカーの魅力や人気モデル8車種を紹介

スポーツカーの絶版モデルは人気が高い!絶版スポーツカーの魅力や人気モデル8車種を紹介

旧車市場動向 2022-06-01
MT車の中古車が高騰中?!操る楽しさが価値になるMT車の買取り事情を解説

MT車の中古車が高騰中?!操る楽しさが価値になるMT車の買取り事情を解説

旧車市場動向 2022-05-31
絶版車の人気が上昇中!? その理由と魅力を解説します。

絶版車の人気が上昇中!? その理由と魅力を解説します。

旧車市場動向 2022-05-27

記事ランキング

1
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2022-02-16
2
トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

旧車の魅力 2022-01-17
3
【旧車いじめ?】13年以上経過車の自動車税はいくらかかる?

【旧車いじめ?】13年以上経過車の自動車税はいくらかかる?

旧車売買の豆知識 2022-02-10
4
新型が出る今が買い?150系ランドクルーザープラドの中古車事情

新型が出る今が買い?150系ランドクルーザープラドの中古車事情

旧車市場動向 2022-04-08
5
運転免許が期限切れでも返納はできる?免許返納のメリットについても解説

運転免許が期限切れでも返納はできる?免許返納のメリットについても解説

旧車コラム 2022-01-31
6
JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

旧車売買の豆知識 2022-02-16
7
免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

旧車コラム 2022-01-31
8
てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

旧車コラム 2022-01-31

カテゴリ一覧

# 旧車ニュース # 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベント