2021.01.08
旧車王の新型コロナウイルスの感染予防対策について
コラム
COLUMN

今や希少となったFRスポーツクーペ!日産 シルビアの維持費をご紹介

2021.01.18

日産最後のFRスポーツクーペ、シルビアは昭和から平成にかけ、オシャレなデートカーとして若者を中心に大ヒットしました。その人気の秘密は、女性からも支持される優雅なシルエットと、初代から一貫したFRレイアウトによる素直なハンドリングが走り好きの心も掴んだことでしょう。

また、今となってはほとんど見られなくなった希少モデルの小型FRスポーツクーペでもあり、今なお中古車は高値で取引されています。

そこで今回は、そんな日産 シルビアに乗り続けるための維持費をご紹介しましょう。

デートカーでありつつ、走り屋にも愛された日産 シルビア


日産 シルビアは1965年にデビューした2ドアクーペで、2002年に生産終了したスペシャルティカーです。特に1988年に発売された5代目S13型は、当時一世を風靡していたホンダ プレリュードの人気を上回るデートカーとして大ヒットし、曲線が美しいシルエットは女性からも高い支持を得ていました。

また、シルビアの特徴であるFRレイアウトとターボエンジンというスポーツ性能は走り屋の間でも話題となり、S14、S15ともドリフト走行やチューニングベース車としても高い人気を誇ったのです。

このように、デートカーとしてのお洒落な顔と、走り屋御用達のカスタムカーとしての顔を持つシルビアは、中古車人気も衰え知らず。今なおファンから次期型が期待されているモデルです。

シルビアの維持費はどのくらい?

2002年の生産終了から約20年を迎えようとしているシルビア。その維持費を考えると、自動車税では新車登録から13年経過、自動車重量税においては登録から18年経過による重課(増税)となっており、注意が必要です。

では、今後シルビアに乗る上で重要な維持費を見ていきましょう。

税金

・自動車税:45,400円(新車登録から13年経過の金額)
・自動車重量税(車検時):37,800円(新車登録から18年経過の金額)

※排気量1,500cc超~2,000cc以下、車両重量1000kg超~1500kg以下の場合

車検費用

・自動車重量税:37,800円(新車登録から18年経過の金額)
・自賠責保険料:24,950円
・印紙代:1,100円
・点検料:15,855円
・検査料:21,000円
【合計】
約100,705円

※車両重量1000kg超~1500kg以下の場合
※点検・検査料はディーラー車検の参考価格

メンテナンス費用

シルビアのメンテナンス費用として、代表的な消耗品費を挙げておきましょう。

エンジンオイル交換では、エレメント交換ナシ、普通グレードのオイルを使用した場合で約6,000円程かかります。また、タイヤ交換はシルビア S15ターボグレードで1本約15,000円(サイズ:205/55R16)、バッテリー交換はS15ターボグレード(AT)で約7,000円(サイズ:B24R)程です。(※消耗品の交換委は別途交換工賃がかかります。)

修理費用

修理費用については、シルビア特有のウイークポイントがあります。まず挙げられるのは、S13の後期型(正確にはKS13)から搭載されるSR20エンジン。火花を点火するために使用されるイグニッションコイルは、エンジン内の熱や振動によって劣化しエンジン不調の原因となります。劣化具合によっては晴れた日には不具合が出ない場合もあり、購入後に発覚することも少なくありません。

また、チューニングベースとして酷使されている個体が多いため、ボディ全体に歪みが生じている個体もあります。特にS13型はボディの剛性不足が有名で、修復歴がない個体を選ぶのはもちろん、左右でドアのすき間を見比べて大きく差がないかなどを確認すると良いでしょう。

さらに、チューニングベースであることに加えて年式が古いこともあり、足回りのゴムブッシュが硬化しヘタっている個体も多く見受けられます。ブッシュのヘタリによる不具合は、実際に走行してみなければわからないだけじゃなく、運転になれた方でなければ気が付かないことも少なくありません。

そのため、しっかりとシルビアの特性を理解した販売店やショップから購入するのがおすすめです。

シルビアを購入する上での注意点とは

5代目S13型がグッドデザイン賞も受賞しているシルビアは、今の時代においても古臭さを感じさせない外観を持ち、現役で乗りたいユーザーも数多く存在します。

しかし、人気の高いS13は1988年~1993年式、最も新しいS15であっても2002年式と、やはり経年劣化による古さは否めません。また、チューニングベースとされることもある性質上、さまざまなカスタムが施された車両や、修復歴のある車両が多いのも特徴。車いじりの初心者には少しハードルが高いモデルとも言えるでしょう

そのため購入に際しては、信頼できる販売店から購入するのはもちろん、いつでも相談できる整備工場や専門ショップを見つけておくのがおすすめです。

ガレージに眠っているシルビアは、売却も考慮に

これまで見てきたように、やはり年式が古いシルビアは税金や車検費用も最近のモデルに比べてぐっと高くなり、税金や保険料など、たとえ走っていなくても高額の維持費がかかってきます。

また、安心・快適に乗り続けるためには相応のメンテナンス代や修理費用の出費に加え、部品の取り寄せといった手間や労力も必要となるでしょう。

維持費が高くつくなと感じたり、あまり乗らなくなって売却を考えているシルビアオーナーの方は、きちんと価値を見極められる旧車専門店に相談してみてはいかがでしょうか。

[ライター/旧車王編集部]

特別なお車、価値あるお車こそ旧車王へ

旧車王ではこんなにも素晴らしいお車をお譲りいただいております。以上の買取実績を参考にしていただけますと幸いです。

大切にしてきた旧車・名車・ネオクラシックカー、評価が難しいとされているお車、流通量が減少してきているモデルなど、ネオクラシックカー・旧車専門店に精通した知識や経験がないと価値はわかってもらえません。

ご売却・お手放しをお考えのオーナー様は旧車王までお気軽にお問合せ・ご相談ください。

お電話からのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜22:00(年中無休)

買取金額
ご提示までの流れ

買取金額ご提示までの流れ 買取金額ご提示までの流れ
    ご入金流れ
  • 旧車専門のノウハウで高価買取

    旧車王よりすぐにご連絡

    査定のご依頼後、TELまたはメールにて、旧車王よりご連絡いたします。必要に応じてわかる範囲でおクルマの詳細(年式、モデル、グレード、アピールポイントなど)の確認を行わせていただきます。ご不明な点もご遠慮無くお聞きください。

  • 旧車専門のノウハウで高価買取

    ご希望日に買取査定

    旧車の専門家が無料にて全国へ出張査定いたします。※試乗は必要ありません。
    ※細部まで鑑定するため、 最大1時間以上かかる場合がございます。お客様のご指定のお時間、ご希望の場所等をお知らせください。

  • 旧車専門のノウハウで高価買取

    買取金額のご提示

    お客様のご希望の金額で買取できるよう、その場でベストな買取金額をご提案させていただきます。また、価格交渉は納得出来るまで、査定スタッフにお申し付けください。

かんたん 30秒!かんたん 30秒!無料査定フォーム

お急ぎの場合はお気軽に0120-389-777までお電話ください。

お車の情報

メーカー名(通称)必須
車種名(グレード名)必須
年式必須
走行距離(km)必須

お客様情報

お名前必須
希望連絡先(TEL)必須
e-mail
住所(郵便番号)
郵便番号から自動入力されます
住所(都道府県)必須
住所(詳細)
備考
  • ※旧車王は、JPUC(日本自動車購入協会)の厳正なる審査を通過し監修認定を受けております