旧車コラム
COLUMN

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

2021.10.05

アメリカ「25年ルール」と聞いて、何となくわかるけど説明するとなるとイマイチわからないという方は多いのではないでしょうか?ここでは、アメリカ「25年ルール」の中身やアメリカ・の日本それぞれの事情についてご紹介させていただきます。

25年ルールって何なのか?

アメリカには、通称「25年ルール」と呼ばれるクラシックカー登録制度が存在します。通常、アメリカでは右ハンドル車の輸入を認めておりません。したがって、日本やイギリスで走っているクルマをアメリカで乗ることは出来ないのです。但し、製造から25年が経過していれば、アメリカ国内におけるクラシックカーとして認められるため、右ハンドル車であっても輸入できるようになるのです。更に関税や排ガス規制までも対象外となりますので、一石三鳥です。

もう少しわかりやすくご説明させていただくと、アメリカ合衆国運輸省(NHTSA)が、初年度登録から25年以上経過したクルマであれば、右ハンドル車の走行を法律で禁止しているにもかかわらず、輸入することを認めるという特別ルールです。

名車の流出とアメリカ側の背景とは?

1970年代以降のアメリカでは、たくさんの日本車が売られています。よって日本車をアメリカで購入することは比較的簡単に出来るのです。また、いわゆるUSDMと呼ばれる日本車をカスタムする文化は昔からありました。しかし、近年アメリカの若者の間でJDMと呼ばれる右ハンドル車が人気を集めています。JDMとは、直訳すると「日本の国内市場」という意味となりますが、実際にはアメリカに入ってきた右ハンドルの日本車のことを指しています。これが「25年ルール」によるアメリカ側の背景であり、名車が日本から流出している原因です。

もちろん、ただ右ハンドルの日本車に乗っても大したメリットはありませんので、「25年ルール」ではアメリカでは手に入らない日本のスポーツカーに人気が集まっていることは言うまでもありません。そして、そこにはゲーム「グランツーリスモ」や人気カーアクション映画「ワイルド・スピード」が大きく影響しています。ワイルド・スピードシリーズの顔でもあった今は亡き俳優のポール・ウォーカーが、スカイラインGT-Rとスープラを所有していたことはあまりにも有名な話しであり、当時「ワイルドスピード」を見ていた世代の間では今なお語り草となっているのです。

名車の流出を招いた日本側の背景とは?

アメリカ「25年ルール」により名車が流出する原因は日本側にもあります。それは、平成27年5月から始まった年式の古いクルマに対して税金を重くする重課税制度です。これは環境性能に優れたクルマに対するエコカー減税の導入に合わせて税収の均衡を図るために設定されたものであり、各排気量ごとに概ね15%の重い負担が課せられます。その他にも2年に1回の車検制度のおかげで、中古車市場には優良な個体が比較的豊富にあるため、アメリカの若者に好まれる要因のひとつになっています。こうした日米双方の原因が重なって相場の急騰が起きていると言われています。

「25年ルール」により相場が高騰しそうな車種

近年、アメリカ国内で注目されているJDMは、スカイラインGT-RのR33・R34、マーク2のJZX90・JZX100、オートザムAZ-1、ランサーエボリューション、インプレッサWRX STIといったところだそうです。しかし、スカイラインGT-RのR34が輸入解禁になるのは2024年ですし、インプレッサWRX STIの人気車種のGDBもあと5年待たなければなりません。つまり、アメリカのバイヤーやJDMを愛する若者は何年か先を見ているということです。最近は、アメリカ「25年ルール」の象徴的なモデルと言われたスカイラインGT-R R32が、大きく値落ちしていると聞きますので、まさにこの仮説を証明した出来事と言えるのではないでしょうか?そしてJDMの最大の魅力は、何といっても日本車は壊れにくいということと、カスタマイズのパーツや情報が豊富であることです。

[ライター/旧車王編集部]

特別なお車、価値あるお車こそ旧車王へ

旧車王ではこんなにも素晴らしいお車をお譲りいただいております。以上の買取実績を参考にしていただけますと幸いです。

大切にしてきた旧車・名車・ネオクラシックカー、評価が難しいとされているお車、流通量が減少してきているモデルなど、ネオクラシックカー・旧車専門店に精通した知識や経験がないと価値はわかってもらえません。

ご売却・お手放しをお考えのオーナー様は旧車王までお気軽にお問合せ・ご相談ください。